さかいゆうオフィシャルブログ
朝フルーツ&ガネー舎のカレー
写真上:ボクの朝食です。いちご、バナナ、土佐ブンタン、生姜紅茶、黒いのは先日の大阪ライブでZOJIRUSHIさんからいただいたモノ。



写真下:ランチは、知る人ぞ知る、

新橋の薬膳スープカリーの店『ガネー舎』の野菜カリィのテイクアウト&雑穀米

そうです、言い過ぎではなく三日に二食はカレーを食べる(笑)私、さかいゆうが、都内で一番お世話になっているカレー屋さんが『ガネー舎』

あんまり美味いから一時は週に二回くらい行ってました(笑)

そういや新橋ってよく行くけど、あそこに行くためにしか行かない。

ガネー舎の客層は、ミュージシャン、業界関係者、サラリーマンの方がほとんど。

こ洒落たカレーでも、即席カレーでもなく、

スパイス、漢方のたっぷり入った、生粋のカレー好きを唸らせる薬膳カレー。

もはやカレーではなく、薬ですね。

ボクの知り合いのカレー好きなミュージシャン達も、味だけなら都内ではガネー舎が一番って言う人が多いんだけど、

美味さ以外にも何かスピリチュアルな物質が含まれてるのか?と感じざるをえないカレー。

疲れている時にも、二日酔いでも、スッと身体に染み込んでくるあの立体感。



味だけならと言うのは、やはり場所。

下北とか渋谷とか吉祥寺じゃなく、

なんとも渋い、新橋。

しかし、これはガネー舎で昔バイトしていた友人から聞いたんですが、

店主さんの意向で、

「下北とか渋谷に出店するのをほとんどの関係者から薦められたんだけど、自分は新橋にいる疲れたサラリーマン達の癒しになりたい」とゆう情熱からみたいです。

そんな熱い思いが、

カレーをよりいっそう美味くしているのかもしれない。



ランチはなかなか入れない時があるので、ディナーがオススメかな。

今まで何回かあるけど、新橋まで行って入れないと切ない(笑)

予約できるならその方がいいかもしれません。

スパイスのトッピング(スピリチュアル物質?)をMAXにするなら、ディナーじゃないとヤバいかもしれません。

アレを食べるとどんなことがあっても自動的に一日を終わらせてくれるからね。

翌日のクリエイティブ作業には嬉しい影響が期待できるけどね。

食べると意味が分かります(笑)

マクロビオティックな方にも対応してるし、肉好きには、特大のチキンとフランクもある。

カレー以外も美味い。

漢方酒の陰陽源もヤバい。




薬膳カリィ本舗ガネー舎

新橋駅から徒歩約四分
電話:03-3433-0309
住所:東京都港区新橋5丁目12-2




朝フルーツ&ガネー舎のカレー


朝フルーツ&ガネー舎のカレー


2010年02月24日 コメント(0)