さかいゆうオフィシャルブログ
古い曲をレコーディング
以前、二年目ゴリラとゆうバンドを組んでました。

ふざけた名前でしょ?(笑

でも、自分のオリジナルやカバーを中心に真剣に活動していたアコースティックバンド。

たぶん全国で30人くらいしか知らないと思います(笑

メンバーは先日のパーカッションのノッチ、僕、そして写真のイケメンギタリスト山口周平。

かなり久々に彼のギターを聞きましたが、相変わらず素晴らしいプレイでした。

昔から彼はズバ抜けてた。

昔からって、

恐らく二十歳前後くらいで今弾いてるようなスーパープレイが基本的にはほぼ完成していた。

とにかく上手くてセンスが良くて音がイイ。

最近はスタジオミュージシャンとしても超売れっ子。

久々に話ができて楽しかったです。

昔のお互いを知ってるので少し照れ臭くもあります。

ミュージシャンって、だいたい若い頃は、「自分サイコー!!」なんて言いながらギンギン尖っていてさ、キャリアを重ねていくにしたがい「これじゃあ敵を作る」なんて感じ始め、だんだん丸くなるってよく聞きます。

確かにそうかもと思います。

ミュージシャンだけじゃないか。

今思えば、その昔、僕と周ちゃんは、周りのミュージシャンとは比べモノにならないくらい尖ってました。

彼とは、ぶつかったりしたこともたくさんある。

ちなみにぶつかる原因は実にミクロな話だよ。

二拍目がほんの少しモタッた方がカッコイイかどうかくらいの話だ(笑



今日、久々に彼のギターを聞いて、

このギター、昔からず~っと好きだな~なんて思った。



今録っている曲は、ソロ活動を始めた初期の曲。

古い曲だけどとってもイイ曲だから、

最近僕を知ってくれた皆さんにも是非聞いてほしいんだ。



古い曲をレコーディング


2009年12月13日 コメント(1)