NAGASAWA TOMOYUKI BLOG
BLOG速報
青いギター
少々長い


何日か前、ふとした時に右足に違和感ができて、病院へ行く

「先生。なんかバランスがとれないというか、ひねったような感じなんです。」

診察台に寝て、足を曲げたり伸ばしたり、
トントンされたり押されたり
レントゲン撮って、先生が写真をじっと見る
僕も見る

しばらく沈黙が続いたあと

「なんともなっていませんが…」と先生

「え、いや、ひねったような感じなんです」
「いや、ひねった感じはなさそうです。」
「いやいや、ひねった感じしましたよ」

ひねったひねってない…のあと、「悪くないので治しようがない」というダメ押しを聞いて、首だけひねりながら帰る

でも帰る足は、やっぱりちょっとひきずっちゃう
一応休ませるように湿布をいただいたので、今貼って、部屋でもんもんとしている

そりゃ良いに越したことないけど、現に変だしなあ



ところで以前、NHKの日曜美術館という番組で、疫病と美術の歴史についてやっていた

中でもペストの話は印象的だった

かつて大流行したペストは、人々の信仰を揺らがせ、神の存在を疑わせ、神を信じるものも神を恨みだしたというような
そんな話の絵が紹介されていた

中世の西洋人にとって神の存在は今の日本人の感覚とは違って
本当に絶対的で、「在る」とされた上で、さあその人生をどう生きるかの価値観だ
だからこそ困難にあえばもちろん神を頼る

ただ、ほんと想像を絶する凄惨な現実を見ると、そんなかつての西洋人すら
「おいおい…本当に神はいるのか?あまりにも救いがないじゃないか…」と動揺し、次第に怒りや半狂乱に変わったそうだ

ただ、キリスト教の救いとは、魂の救いで
この世で死を回避できたり、受験に受かったり、商売儲かったり、好きな人と結ばれたりというような、ご利益宗教ってわけじゃないことは書いておく


僕は日本人だが、幼い頃に洗礼を受け、心から信じていた時期もある
そしてあの安心感にまた包まれたならどれだけいいか知っている

ただ僕は道を外れてしまったし、それは悲しいけど、だからといって疑いのほうが強いのは変わっていない

神の有無を考えない日は大袈裟でもなんでもなく、一日も無い

このコロナウイルスが人々の価値観をどう変えたかはそれぞれ違うだろうし、そう変わらない人もいたと思う

正直なところ、自分はこれからの音楽スタイルの変化の予兆は感じているけど、生き方は変わらないまま

結局、コロナ以前から、神はいるのかいないのかみたいな「おい頭悪いよ」って言われそうなことをずっとやっているからだろうと思う

「そんなもん答えなんか出ないよバカらしい」
「なんらか、神はいるとは思いますけど、気を楽に待つっていうのもどうですか」
「結局心の問題だよ。人は弱いから神を求めるんだ」

そういう声もさんざん聞いたし、その声を今は求めていないので、いつもなんとも話しづらい

ただ、そういう自分だから仕方ないってだけ。正直なところ育ちもでかい


今、言えることは個人的には人に宗教をすすめないし、それを正義として他を邪教だとする考えも理解しない
そもそもそれが争いの始まりなんだから
強要ほんとやめろって思う

日本で宗教の話はあまりすべきじゃないことは知っているけど、結局僕は自分の知りえるものしか書けない

もしかしたらこれを読むあなたは、僕の知り得ない他の世界の悩みを抱えているかもしれない
コンプレックスだとか(勿論それは自分にも多大にあるが)、色々

人の悩みは笑えない、笑うべきもんじゃない
それが世間的にどんだけ小さいと言われようが、その人にとってでかいんだったら笑えない

想像力の問題だと思う
木村花さんのニュースは僕も知ったし、こういう形で一人の輝いていた人を知るのは悲しいことだ

つくづく想像力だと思う
自分のことのようには思えなくても、たとえばその人が自分の親や、子供や、兄弟姉妹だったら?と想像する





2020年05月25日

519
信じる相手から「悪い話がある」と聞けば人は身構える

信じない相手から「いい話がある」と聞いても人は身構える

相手を信じる信じないは自分に近い人間関係にとどめておいて
政治については、人についての信じる信じないより「話」を聞く

人よりも内容を知りたい




2020年05月19日

2020年05月
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近の記事
急激な安堵
6月に入った
青いギター
519

アーカイブ
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月