NAGASAWA TOMOYUKI BLOG
BLOG速報
平穏
わざわざ自分から書くことでもないかなと思ってたことだし、あんまり好きじゃないんだけど

ちょっと

自分はわりと早い頃から色々問題持っちゃってお医者さん通いをするようになった
昔はそれを俯瞰した時、恥ずかしく感じていたので言うのは嫌だった(もちろんすぐにそうは思わなくなった。仕方ないし大事なことだった)

人に会いたくないなーってなっていくし、処方箋の副作用でバカ食いしたりもした
もちろん太るし、十代後半から後天性のてんかん発作も始まっちゃって、全身痙攣を起こすようになっちゃった

書いてて少し笑えてくるというか、なんだか面白かったりもしたんだけど、ライブがかなり怖いものになってった

発作起こすと身体中がかなり痛いのと、ひどい頭痛と、吐き気がする

あと、単純に怖いだろうなっていうか、人が引くサマを見せる
それについてはその時に意識がないのがちょっと救いだけど 笑 しかも申し訳ないことにお世話をさせてしまうし、やっぱりちょっと見られ方も変わっちゃう時もあるやね


それより困るのは記憶が無くなってしまうこと
ある時期の自分が見事なぐらいにキレーさっぱり消える

だから忘れてることを自嘲してみたり色々工夫した



処方箋が合わないって(追記、薬合わないことに気付かないと)、ほんとなかなか生き方を無駄にハードモードにさせてしまう

あと頼りにしすぎると薬が無いときパニックになるし、それでライブやレコーディングダメにしたり、迷惑をかけることもあったから、ルーティンで働く人にとってはほんとに笑えないというか、大変だ


数年前にようやくちゃんと合う抗てんかん剤と会った
それまでは、なぜか飲んでも、倒れる時は倒れてたんで、「?」だったんだけど、
合う抗てんかん剤をくれたお医者さんが

「今まで飲まれてたその薬、まったく効いていませんね、そりゃ倒れますよ」
ってあっさり言うんで、
長年通っていた脳神経外科で処方されてた薬だったから、驚いた

その薬、けっこう副作用があったから、その時は色々無駄にしたのかなあと少し省みたけど、省みたってどうにもならないから前を向く
コントロールに努めた

自分の周りにも、副作用とか後遺症に悩む人がいるんだけど理解されないことに更に悩んでたりする
それが見てて可哀想って言い方はなんか嫌だけど、ちょっと胸がいたい

自分自身はそういうとこ、ちょっと鈍感なのかな、自分のこととなるとあんまり悲しく思わない
きっつーって思ったけど

音楽はそういう時、体験として明確に我が身を救った
同じように救われてきたであろう人たちが、ライブダメになってるのはせつないが、仕方ないことだと理解する

ただちょっとそういうキツいなって時期って、日常のあれこれが実は尊く感じれたりする気付きもくれる

たとえば…
あなたが大事な人を失った時、仕事で戦ってる時、孤独を感じてる時、うまくいかない時、怒りに支配されてしまう時

もしかしたら映画の途中みたいなものかもしれないよ
ちょっとキツい場面が来たんだ

でもその先には思いもしない素敵な出会いが待っているかもしれない

現に自分は、自分の音楽を好きでいてくれる人に会えた
これを読むあなたもそうだ、宝物だ

希望を大事にしていこう
あなたが良い一日を送ってくれることは、綺麗事じゃなく自分も嬉しい
そう思える自分であることもかなりいい

もう一日終わっちゃったけど、どういう一日だったかな
平穏であってくれたらいいなと思います

ではみなさん良い夜を!
というかおやすみなさい!



2020年03月03日

2020年03月03日
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近の記事
青いギター
519

理解と、慣れ
イマジン
アーカイブ
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月