NAGASAWA TOMOYUKI BLOG
BLOG速報
宿題イヤだ
長々色々書いたんですが、話枝分かれしまくった先に行き着いた答えが、宿題したくねえなあ…って話でした

宿題ってさ、モードが違うから出来ないんだよ
ウチはウチ、外は外って昔から言われてたよ、意味違うのかもだけど

もともと音楽好きの中に音楽に思想ぶっ込んでくる人がいて、そういう人こそ概念に固執しちまってて頑固なんだって話を下書きしてたんだけどなんかこうなった

ロックはアンチじゃなきゃダメだとか、くだらないって話
何に対して反抗するかの自由ぐらい勝手にさせろよって思って

その結果宿題に対してアンチ化してました


宿題イヤだ


宿題イヤだ


宿題イヤだ


2017年08月27日

8月23日
8月23日は福耳新譜ですね
せっかくだ、僕も何かを書こう

福耳のブライト/Swing Swing Sing が発売します
僕は今年から?なのかな。福耳となっています
ラジオのコメントフォーマットを見て気付きましたね

「~をお聞きの皆さんこんにちは。福耳の長澤知之です」



最近福耳を理解しました。リビングでセッションみたいなもんか。と
山さんは「場末のスナックだかバーの客」と表現されていましたが、それもとても分かりやすい例えですね
他に、「なんか怪しげなヒッピー団体」みたいなことおっしゃってた時はさすがに笑いましたが

僕はブライトの方の作詞作曲を担当しました

色々とインタビューなどで話しましたし、その辺の話はまあ適当に
せっかく長澤知之blogなんで個人的なこと書きますか

僕は14~16歳とか頃の一音楽ファンに戻ったつもりで曲を仕上げようという気持ちがあって、そんな自分だったら何を求めて何に感動するだろうと想像し、困られるかなーと思いながらも全速力でいける曲を選びました
実をいうともう1曲あったのですが、それはそれ

諸先輩方から度々BPMが「速い」と言われてしまって「すみません」とかとぼけていますが、正直それ言われるだろうなと分かってました

「こういうアッホにアップテンポな曲、もう諸先輩方はご自分からは書かないだろうけどせっかくの機会だ。俺が見たいものをお願いしよう」
そんな感じで詞も思うところを書き、構成しました

また、実を言うとギター弾いてコーラス程度のつもりでいたのですが…「作った人がリードをとる」制度になってハッとしましたね
自分が見たいもの作ったけど、どちらにしろ見れないんだったわって
アッホなのはテンポだけではありませんね

山さんは冗談混じりに「長澤、速いわ」と笑っていましたが、僕の勘違いでなければとても良いシンパシーを共有しつつやりとりできた気がします
いい体験でした

杏子さんはメールでとても嬉しい内容を書いてくれましたね
ていうか何より素晴らしい歌を入れてくださいました

ピストルさんに至っては快く喜んでくれて、いつだか収録の時に「ありがとう長澤くん!」と言って頂いて、ワガママやって良かったと嬉しかった

どれもありがたかったです



僕は福耳の中ではあまり皆とワイワイやるタイプの人間ではないのですが、だからこそ色んなこと引いて見れている気がします

その全てを個性の色として「ブライト」としたつもりですから、これを読んでくれたあなたも、もし聴く機会があれば同じくブライトに自分を感じてもらえたら嬉しいですし、歌える機会があったなら騒いでくれたら本望です
その瞬間その瞬間を肯定して喜ぶと単純に楽しいですね

良い夜を
お休みなさい


2017年08月21日

ねえ、あんた
ちあきなおみの「ねえ、あんた」のパフォーマンスがずっと好きで、こないだの話になるけどバーで皆と見る機会があった

変わらない感動がありました

「自分の好きな歌を歌う」というスタンスをとったり、その演技力を舞台でいかしたりと、ちあきなおみでしか出せない世界を作っていた僕の尊敬する歌い手の一人で

僕にとっては表現ってのはこういうことでもあるんだと教えてくれた歌手の一人です

自分でよく使う表現なのだけど、イ○アの家具のような音楽ってあると思うんです

なんとなくオシャレで、なんとなく小綺麗で、なんとなく雰囲気よくて、なんとなく整っている
でも誰が作ったのかも分からず、どこにでもあって、表面上の美から先へはいかないもの

そういうインテリアな音楽が悪いというのではなくて、そういう音楽ばかりになると息苦しいというか…
僕としてはなにかが悲しい

だって表現ってそんな綺麗でなきゃいけないものじゃ無いと思うんです
なぜって人間って言うほどそんな整っていないから

だから「陰」を美しく歌いこなすちあきなおみのような歌手なら、なかなか他人のライブにはいかない自分だけど、行けたら良かったと、よく思う

92年は8歳だったし、ビートルズと出会ってしまってそれどころじゃなかったけど

尊敬する歌手です、ちあきなおみ



2017年08月18日

811
書いたblogが写真乗せる時消えてしまった

今度は横じゃなく縦になるはずだ


811


2017年08月11日

旅行
軽く旅行をしました
色々とインスピレーションを受け、アイディアを幾つももらえた
表現が生きることそのものになっている芸術をたくさん見れました

そういうものと出会うと、そういうものにしか得られない感動があります
僕もやはり自分の魂に真摯に向き合ったものを書きたい

ウケ狙いや照れ隠しをするエンタテイメントはたくさんありますが、僕にとってのそれらは飲みの席のようなラフな場所で感じたいもの
心に留めたいものじゃないです
僕にとっての表現は心の底を外へと解放するものですから、他人の視線、評価、自分の気取り、マウンティング、そんなフィルターを出来る限り排除して晒すことにあります
だから根本がふざけてしまっちゃダメです
僕らはふざけて生きているわけではないから

照れや茶化しから離れて、愚直に取り組みたいです
「楽しい」だけではなく、「惨めさ」「醜さ」「恐怖」「悲哀」、人間のネガティヴな部分にも向き合えていけたらと常々思う
そこを根本にふざけたり、おどけるものなら、とても好きです

そんな姿勢を感じる絵や彫刻に出会えると、安心とワクワクが同じ場所にいるのが分かって生きてることを実感します
本来苦しさでしかないものが美しく感じるのだから、素晴らしいなと感じます

早くギターを手にいれなければ


2017年08月05日

2017年08月
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月