NAGASAWA TOMOYUKI BLOG
BLOG速報
危険なクズ
許せないねあれ

人間じゃないとかなんであんたが決めれるんだって話だよな
なんであんたがジャッジできるんだっての


マリファナは危険ではない か

マリファナが危険かどうかというか、そうやって調子こいて自分が正しいと自分に酔ってしまう浅はかさが馬鹿で危険なんだが
クズだし勘違いだしでしかも汚い

自分が思うことは世間にとっても正しいものであるべきっていうおしつけ
そのくせ平和のためだ世界のためだとか、勝手に考えあげた大義に依存してしまう自分の無さ、その弱さ
見ている世界の狭さが全部が危険

どういう経緯でそんな思考になってあんな事件になったかは分からないけど、まずなんの権限があって人の生き方を不幸と断定できるんだろうか

めちゃくちゃクズ
ああいう調子乗りが一番平和の邪魔
干渉すらしなくていいのにやったことが最悪すぎてなんというか
ただめちゃくちゃ



2016年07月27日

8月2日
近所の公園を歩くとみんなポケモンGOやってる
「またドードーかよ!」と少年の声

花火を頂いたので遊ぼうと思い、友人に声をかけてみた
んー花火できる場所、なかなか少ないね

公園管理事務所に尋ねると、 基本的に「見過ごします」って姿勢

ちゃんと火の始末と後片付けをするのはもちろんだけど、やはり近所迷惑になるようなはしゃぎ方をする人もいるからだろうな

ポケモンGOも花火も、迷惑かけずに

しかしポケモンなんて一切してこなかったから、今さら少し名前を覚えたよ


あと8月2日
久しぶりだけどニコ生をやろうと決まりました
自分があまりライブをしなくなってしまったし、しても少人数な場所を選ぶから不満な声も聞いてます
だからニコ生はよいね

以前は誕生日だっけな
相当酔っ払った状態だったか
観てくれてる人たちが優しいから嬉しかったっけ

たしかその時、先輩の山さんがコメントしてくれたようなんだけど、俺すっかり酔っ払ってコメントとか読めてなかったんだよな…

ああはならない程度にまた飲むよ
できたら一緒に乾杯しよう

誕生日にしろ10thにしろ
周りに感謝する日だから、何か曲とかでリクエストがあったら弾いて歌うよ
何でも教えてください

あ、ここに書かない人は公式がやってるTwitterのほうでも大丈夫だよ
自分が知らない曲もいい機会だから聴いてみます
放送時間で無理でもライブでやれたらやるね








2016年07月25日

アラビアのロレンス
家に帰って天ぷら揚げて、うどん茹でたら当然食べて

そんなおとといに観たアラビアのロレンスのことを思い出した昨日のこと

ピーター・オトゥール主演で、アレック・ギネスがアラブのファイサル王子役、オマール・シャリフが首領アリ役で出たあのアラビアのロレンスだ
それを改めて観て


色々考えて楽しかった
ああ、やっぱ映画ってこんなほうが好きだなあとか、映画館で観たいなとか、中東や欧州の歴史的にも当時は分岐点だったんだなあとか


この映画は、映画史というか自分の中のクラシック
父親がよく観ていたんだ

なんだかんだ父親からの影響は大きいや…

ビートルズやサイモン&ガーファンクル、バロックだってそう
映画もその影響のうちの一つだった

だからアラビアのロレンスは僕にとっても親近感を覚えるクラシック映画なんだ


T.E.ロレンスはアラビアのロレンスのモデルとなった実在の人物
この映画においてはかなりキャラもストーリーも脚色がある。なんとなく言えばアマデウスとかタイタニックみたいに

ファンタジーは良いよ
誰だってアホな空想するよ
空想する自分は嘘じゃないだろ
嘘なんかないんだ

でも馬鹿みたいにリアリティーを求めて嘘やヤラセ恐怖症みたいに潔癖ぶっちゃう流れがある
死ねよ!と思うし、ファンタジーが許容できなくなったら想像力なんかおしまいだ

なんでもかんでも「これはノンフィクションか?違うか」なんて…
ああ!その思考死ねよ
だから喜び組的文化になるんだよ
ああ!つまんない、死んで崩壊しろって思う
だったらポケモンGOとかやってようよって思うよ

ああきっとウンコ一つにしたって、アラレちゃんみたいな描写は現実的ではありませんから、消化できてないトウモロコシまで…みたいな無駄で不快なリアルに行き着いちゃうんだよこういうウンコ野郎文化は

このウンコ野郎文化は



映画にはファンタジーは重要だ
音楽にも絵にも舞台にも
現実にびったりして事実だけ確かめて頷いて、何が楽しいんだウンコ野郎が

イギリスの侵攻とアラブのそれぞれの派閥や民族が民主主義をダメにしていく様、失意の中で苦しむロレンス
映像は詩的で、彼らの演技は想像力をくれる
その立場を考えさせてられるようなアクションだ、すごいな、楽しい


ロレンスが砂漠で奇跡を起こすために1日中考えているシーンがこの映画で一番好きなシーンなんだ

彼は「アカバ!」と閃く

アリは「いかれたのか?」と訊く

でもその閃きは夢物語に浮かれて出たものではなくて、現実的に深く算段して不可能ではないと分かった時の「アカバ!」なんだ

こういう現実とファンタジーをドッキングできるような算段を尊敬する
そういうのを愛してしまう

不可能という前提でシラけている人より、現実的に可能かどうか見極める努力をする人のほうが僕は大好きだ
そんな人はウンコ野郎どころか
なんていったらいいかわからない




2016年07月24日

レジで
昼、天ぷらうどん作ろうと思いたって材料を買いにスーパーに向かった

いつものレジ、いつもの店員さん

レジにかごを置き、ボーッとしながら値段確認されるのを眺めてた

すると店員さんが僕を見て言った
「へえ、このTシャツ珍しいですね」



「ん?ああ、これ、スチュアート・サクトリフですね。ビートルズお好きなんですか?」

「ふ?まあ、ビートルズはまあ高校生の時…70年代になりますか?少しカバーしたり。ええ私はもっとその…あとのブリットロックとかですかね」


その時僕が来てたTシャツがロッカー&フッカーズっていう知ってる店のTシャツで
おそらくビートルズのハンブルグ時代かなんかのスチュワート・サクトリフ(ビートルズ初期メンバー)をプリントしたやつだったんだ
それに反応されて楽しいなと思った


ただ、音楽詳しくて、昔の洋楽が分かる年上の方って、ビートルズ好きですか?みたいな話を合わせた質問に対しては、「野暮なこと訊くヤツだな」って感じの理不尽なほど冷たい返事をしやがる人多いんだ

だから「ああ、はいはい。こういう感じか」と


で、「そのあとっていうとレッド・ツェッペリンとかサバスとかですか?」と分からず訊いてみた

「あー、まーそういう感じとか、ええ、まあ聴きましたよねー」

「へえ。(いや何が好きか言えよ)」

「そうですねえ、ピンク・フロイドとか」

「ああ、はいはい!ピンク・フロイド好きです」

この間ずっと、レジでピッピッしてくださってて目が合わない会話だったんだけど、おじさんは初めて顔をあげて僕の目を見て

「私はアメリカのアートロックとかニューロックですね。」

とおっしゃった



これって感じのTシャツ着て、また買い物にいこう
会話、弾ませたい




レジで


2016年07月24日

711
買い物があって渋谷駅にいた
すぐすんじゃってどうするかな

散歩するか

どこいこうか

最近だと深大寺か足尾銅山のトロッコ列車に行きたいと思ってた

近さでいうと深大寺かな
じゃあ調布だ


調布は2回ぐらい遊びにいっただけであまり知らない

ギタ‐を買ったことがある

いつも使うエレキギタ‐は3本で、そのうち1本は調布でご飯食べたあと駅前のパルコの楽器屋でなんとなく買ったんだ

77ギタ‐のアルバトロスってやつで、なんだかんだ最近のメインになってた

楽器屋さんを思い出して中に入ってみるも、ウクレレとギタ‐が数本あるくらい
内装がだいぶ変わっちゃったんだな


深大寺行こう。散策して、そばとビ‐ル頂くんだ

調布駅からバスで15分
少し歩きたいから深大寺小学校で降りて、近くの神社や公園を歩き回った


着いた

わあ
とっても綺麗なとこだ

天気がいいもんだから竹林からこぼれる日の光も、人け少ない石畳もキラキラしてる
気持ちいい
楽しいぞ

でも人けないんじゃ当然、店はどこも定休日
いいさ、思いつきだったし散策を楽しむ

店を立ち去ろうとすると、中から女将さんが出てきて「ビ‐ルならありますよ」と仰ってくれた

やった、深大寺ビール買えた

平日はあまり人こないからすぐ営業を終えてしまうそうで、たまたますごすご帰る僕を見かけてくださったからだった

そんな飲みたげな表情してたかな


風に涼みながらベンチに腰掛け、もらった手紙を持ってきてたからビール呑みつつ読んでた

あっという間に一本あいた


しばらくのんびりしてまた散歩

だんだんと日が落ちて、まばらに周りにいた人たちもほとんどいなくなった

飲み足りないし、17時過ぎた、帰るか


深大寺よかった
蕎麦は食えなかったけど、別にグルメでもないから、平日、人がいない時に行くととてもいい

知らない場所で一人を解放できる時間ってやっぱ楽しい


2016年07月11日

76
少しずつながらライブに対するネガティブな考え方を減らしてくれてありがとうというか情けなくて申し訳ない

応えられるよう頑張るし、もしその時来れるようなら、できる限りやって、お互い楽しめるようにしたいよね

なんでもそうか
終わったあと幸せな気持ちになれたらいい


君の今日が良い日になるといい
俺にも凄まじいミラクルが起きたら最高

なんでも最高だといいね


おはよう


2016年07月06日

2016年07月
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近の記事
無駄
弾き語り曲集
ツボ
気分転換
ダリル
アーカイブ
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月