NAGASAWA TOMOYUKI BLOG
BLOG速報
4/27
なんだかなって時に見る動画をいくつか紹介するよ
Young Buckethead is God
http://www.youtube.com/watch?v=6Z5Q-nl4Smw&sns=em
バケットヘッドは大道芸人みたいなもんだと思うんだけど、これは最後まで見てると変な感動があった



Really Bad Singer Amazing Grace
http://www.youtube.com/watch?v=8Ke1H98ou_Q&sns=em
教会で昔歌ったことあるけど、この人みたいに吹っ切れなかった、勇気をもらえるよ



ブルーノマーズが好きなんだ ハーフタイムショー素晴らしかった
Bruno Mars Superbowl Halftime Show
http://www.youtube.com/watch?v=dYk_jakQqpo&sns=em



同じく ハーフタイムショー
何かの番組の企画だったと思う
あっちはこういうのもOKなのだろうね 恥じてはいけないなっていう力をもらう
worst halftime show ever
http://www.youtube.com/watch?v=zgXzMgPYjMo&sns=em



そして大好きなモンティパイソン
子供の頃深夜放送でやってて強烈だった

モンティ・パイソン
http://www.youtube.com/watch?v=F8xur_TLFyY&sns=em


良い1日を!
気落ちしてる人もなにか笑えることが舞い降りてくるといいね




2015年04月27日

421
学校で反戦映画を見させられた経験ってあるかな
自分は小学何年生だったか忘れたけど、学校近くにある福岡中央市民センターで、沖縄のあの地上戦の映画をスクリーンで観た

上映が始まりだした時は、落書きも身動きも会話もできない事態に、どんだけクソつまらない教育の一環映画を見なきゃいけないのかとシラケてたけど、それが徐々に変わってった

女子学生たちが暗く狭い洞穴のようなとこで、怪我をした人たちを必死に看護してる

外は爆撃の嵐で、その子たちが洞穴から出ると爆死したり、撃たれて死んだりする

そんな内容の映画だから多分高学年というか4年か5年だと思う
終盤に近づくにつれ、沖縄のあの澄みきった青空や、時の経過、今の平和とのギャップが、残酷な切なさを訴えかけているのが分かって、密かに泣いてしまった

でも当時の僕らは男子同士とにかくふざけあうし、お互いの反応をからかったりする風潮があったんで、顔や頭を掻く仕草の隙に涙を拭き、上映後の灯りが点く頃には「給食なんやったっけ?」みたいな事を言ってごまかしてたと思う

そういう男子同士にある無駄なマッチョイズムが今思えば損だった
役者さんみたいにとか高望みはできなくても、もっと表現できる自分でいたほうが楽だった

そして結局ますます忘れられないから、沖縄に行けた時にひっそり思いを馳せたり、ひめゆり学徒隊を想って後で曲を書いたりした

僕ではないどこか遠くの誰かが『自分』として存在していた事実を、作品でクリアに描写されると凄く心に残る

戦争という今の日本とかけ離れた世界の話だったこと、そして僕自身が今より残念なガキだったから、一層そう感じたのかもしれない

忘れられて未来の誰かに知る機会すら無くなってしまうようなことは、きっと駄目なことだ
だから当時を知り、想像するってことを大事に考えれる


年末にたしかブログに書いた『火垂るの墓』もそうかもしれない
きっとああいう子、いただろう
今現在もそうか、『誰も知らない』という映画も

ああいうの観たくないという方もたまにいるよね、別になにも否定しない

ただ僕はあの頃、あのひめゆりの映画を観れて良かったなと思う
ああいう映画って、子供が観ていいもんなんだろうな
というかむしろ子供が観なきゃいけないんじゃないかなあ、とか勝手に考える


長くなった よい一日を!


421


2015年04月21日

419
午後の買い物の帰り道
フェンスにとまってた雀がかわいらしかった

以前、母が実家の庭にある梅の木で雀たちがチュンチュン合唱してるのを見て、『雀はかわいい』と言ってたのを思い出した
その時自分は雀のなにがかわいいのか分からないし、どっちかっていうと気色悪いと思っていたのに、なんかいつの間にか、かわいい

当然だけど好み変わる。でも相変わらず猫が一番好き
でも讃美歌で一番聴いたのは『一羽の雀に』


全然話変わるけど、新しいスターウォーズにハリソン・フォードが出るから予告を見た

『チューイ、帰ってきたぞ』

もう既に70才代のハリソン・フォードが台詞を決めると思い出が一気にフラッシュバックした

日曜洋画劇場、金曜ロードショーでの食卓越しに見たワクワク
自分は劇場で見たわけじゃないから、テレビ欄見てまず8ミリデッキかβデッキにテープ入れて、CMの切り替わるタイミングぴったりに録画ボタンを押したこと

たまにクリーニングしてないせいかなんかで録れてなくて悔しかったこと

そんな風にハリソン・フォードって、誰もがなんらかの思い出を持つ役者の一人なんじゃないだろか

そういう役者が増えるといいね
なんかそんな世界じゃなくなった気もするから



2015年04月19日

417
おはよう
起きてすぐカレーの具材を煮込み始めました


少しライヴが恋しくなってる

凄くきつい時もあるのだけど、ほとんど全て、ステージに上がってるときは気楽なものでした
その前後がつらいだけで


ああいう場で、来てくれて感謝の歌みたいなのは歌わないけど、その時の渾身がそれにあたると思っていつもやってました

ずっと「この空間が~」って言ってきたけど、
今も間違いなくあの時のあの空間を経て僕らはいるし、お互いの人生に触れあえた時間でした

ライヴやってないのにこんなこと言うの頭おかしいけど、あの時はありがとう

またいつか必ずやるよ


417


2015年04月17日

412
昨日はエビマヨサラダとスペインオムレツ作った
いつもの味噌汁も

今日はごちそうになった
おいしかったです

明日は飲みだからあまり食わない

みんな花粉が一段落してるようだが関係ないね
クシャミも目のヒリヒリも止まらない


いい夜を おやすみ


412


2015年04月12日

47
失礼、アンフェタミンだったね
ジュディ・ガーランドの話


今日はスパークリングレコーズの立ち上げライヴだ

俺、スパークリングじゃないからでしゃばらず見守って楽しもうと思う
みんな酒飲みが多いのは嬉しいことだ

弦を変えたけど、切れそうな気がするよ



切れなかった
切れなかったし、酔ってたわりによく楽しんだ
今日は単純に楽しめたらいいなって思ってたから

だからあれで弾けたのはよかった
みんな喜んで飲んだ

駄目だ眠い‥ お休み
いい1日を


47


2015年04月07日

46
オズの魔法使いの映画を見た
太平洋戦争より前のファンタジー

あの戦争についてよく想うし、当時の話を追ったりもする
傷痕をまだ残しつつも遠い昔のおとぎ話になっていく、70年前夏の敗戦
青空だったという、今日もそうだね

オズ~はもっと前の1900年に発刊されたおとぎ話だ
1939年、日本は日中戦争の最中で、様々な文化が廃止された
ドイツはポーランドに侵攻、イギリスとフランスは宣戦を布告
そしてナチスドイツにならうように日本も映画の検閲を行うようになる

世界が渦に飲まれていく中、1000万人の子供たちのハートに夢を与えた童話がミュージカル映画になった
今に至るまで10億人以上が観たというけど、さて実際はどれだけの人が観たんだろ。観た?

同年の映画には、嵐が丘、駅馬車、風と共に去りぬ、チップス先生さようなら、などあったそうだが、その中にこんなラリった映画があったんだから異色だったろな

主演のジュディ・ガーランドはアヘン、コカイン、ヘロインをやりながら歌ったり踊ったりしたというけど、実にハツラツと演じてるし、「本人も楽しんでいた」と、娘のライザ・ミネリが言う

でもそれよりなにより名演だったのはトト役のあの犬
素晴らしかった
本当に素晴らしかったから、あの犬もなにがしか打たれてたんだろな

映画化のきっかけにウォルト・ディズニーがいたという
前年には白雪姫が大ヒットしたばかりだというのに強欲なジジイだな。ありがとうディズニー

オズの魔法使いによってジュディはゲイアイコンになった
ウエストサイドストーリーもそういうものだという

自分はヘテロだが、どちらも子どもの頃から観てきた大好きな映画で、初めからミュージカルに抵抗がない。愛がある
好きなものに性は関係ないからだ
ドロシーの友達で、虹をこえてが好きで、そしてなんの問題もない
その素晴らしい歌声でジュディは1940年のオスカー特別賞をもらい、虹をこえてをたくさん披露した

その5年後の今日、日本では戦艦大和が自決覚悟で山口から沖縄に向かい(翌日大破)、沖縄は地上戦が激化、それを阻止すべく若い兵隊さんを乗せた特攻機が帰らぬ戦いに飛び立った

本州から沖縄までの民間人と、世界中に散らばった兵隊さんがたくさん死んでった

その誰も、「虹をこえて」のメロディも、ジュディの歌声も知らない
今をありがたく思う


46


2015年04月06日

44
飲みながら色んな話してた

前にゴッホの絵をいただいて、その絵をじっと見てました

少し加工のしてある絵ハガキで、よく見ながら話題にしてる

今日は少し花粉が強いのか、クシャミまあまあだったけど、今はいい感じだ

自分は猫にずっと変わらず愛があります
自立している様が好きなのかな

ただ最近サモエド犬っていいなと思う

そんな感じの今日でした


44


2015年04月04日

44
今日、吉本ヒロくんのパーカスを無断で勝手に叩いてたけど、叩きながら「あ‥俺無断で叩いてるわ、だめじゃん」と気づいた

しかも挨拶もなくスタジオ出ちゃったが、ヒロくん、勝手に叩いてごめんなさい


夜桜眺めながら帰り道。涼しくてありがたかった

今日のお外はやけにうるさい
指笛をしつこく鳴らしてる奴や、会話に夢中で前方不注意の千鳥足なOL(足を踏んでいきやがって気づきもしない)や、全体的に街が汚かった

花見シーズンとはいえムカつかせてくれるなあと眉間にしわ寄せてたけど、今日金曜日なんだよな

ようやくハメ外せてる感じなのか

じゃあ、まあいっか


2015年04月04日

43
花粉いま大丈夫です、優しい言葉ありがとう。


4月になった。
春という季節はその人の精神状態が、その人のテンションに見える季節なのかなと思う。
年の瀬とか季節の変わり目も。
蛭子能収みたいに周りに配慮もクソもない人なら別だけど。

あ、蛭子さんの笑いのツボがたまにわかる。というか「葬式で笑っちゃう」とかその典型だし、よくある「笑ってはいけない」っていうのもそういうもんだ。
制限されると破りたくなるもんだから。

親の葬式でも笑っちゃうってのは葬式どうでもいい自分でも流石に考えられないけど、蛭子さんはそこの感情が違うんだろうな。

気に入らない人を自身の漫画の中で殺してしまうというのも頷ける。

いいと思うな。

白痴かよおまえ!?
そんな顔してるね


43


2015年04月03日

2015年04月
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月