NAGASAWA TOMOYUKI BLOG
BLOG速報
330涙が
涙がとまらない。
たぶん今まで生きてきた中で、一番酷いし、一番苦しい1日になってる。
気を付けても今もツーっと頬をつたう。ティッシュも山のよう。
ああああ!気が狂いそうだ。
もう一体どれぐらい朝からクシャミしたろう。
昼間連続して、「クシャンクシャンクシャン!」とやったら、背中つっちゃって、のけぞったままベッドに倒れこみ、そのまま夕方までクシャミと背中の痛みとで苦しみました。
のげぞらなきゃ痛いのに、クシャミが許してくれない。

スプレーがいいと頂いた花粉対策スプレーを2種顔にかけても効果なし。
鼻にシュッてやるヤツあるけど、あれやると喉にダメージを喰らうんだよな。でもこの際いいやと、探すけど。無いし。

買いにいきたくねえなあああ‥
文字通り涙が出るほど行きたくないなああ。

今日は渋谷に行く予定だったんだけどそれどころじゃなく、ベッドでひとり弧を描いて泣いちまってた。
無理やり風呂に入った。蒸気は鼻にいいかと思う。

youtubeでサモエド犬の動画を見たりして誤魔化すけど、ダメだ‥
初めてだこんなの。今日すごくない?
ほんとに花粉症ってこじらせすぎると死ぬんじゃないの?

「クシャンクシャンクシャン(あ)クシャン(う‥)クシャンクシャン(‥息ができない!)クシャンクシャン‥」
みたいな。
あとなんか臓器にダメージとか。

絶対酒より体に悪いコレ。酒より体に悪いな。
飲まれたほうがマシだわ。飲んだら治るかな。


2015年03月30日

328
この時間帯になって、無性に何かを誰かと共有したくなるけど、結局一人で飲んでるだけな。

一人だなと思った。
いや、みんなそうだし、且つみんな繋がってもいるのも綺麗事でなく、ただただ事実だよ

けど、こういうのを体感しながら、グググッと入り込んでしまって、何にも言えずにベッドに座ってケータイ打ってると、
なんだかもうどうでもよくなるものだ。

それがいけないことだとも、ダサいことだとも思わないけど、なんとなく惨めだ。

こんなのを書くのは、同じような人に伝わるといいなっていう希望でしかないし、
だいたい俺は酔ってるし。
なんか疲れた

いい夢を


2015年03月29日

321
鼻が完全にやられてしまった。

最近聴いてる曲から好きなカバーを紹介してみる。
女性が多いから、いっそ、みな女性に。

CAT POWER / SEA OF LOVE
http://www.youtube.com/watch?v=CbMeAOTPJzM&sns=em

フィル・フィリップスがオリジナル。
キャット・パワーだと歌詞の解釈が変わって楽しい。
内容が、ある側から見れば悲しいし、同名映画(SEA OF LOVE/アルパチーノ)のストーリーでも、殺害現場に必ずこの曲のレコードが置かれているなんて使われ方されちゃう。
とても優しいけど全然抱擁感のないカバー。

井上陽水に「海へきなさい」という曲がある。あれが生命あふれる母なる海のイメージだとしたら、こっちはなんか雪山で雪女に眠らされてる仕上がり。
そんな感じ。素敵なカバー、猫ぢから。


THE SHANGRI-LAS - SHOUT
http://www.youtube.com/watch?v=thEKxFNCuT4&sns=em

アイズレーブラザーズ(59年)の初ヒットのカバー。「シャウト」が売れたし、ツイストも加えちゃえって感じにその後「ツイスト&シャウト」を発表。
どちらの曲も彼らのファンだったBEATLESがカバーしてる。
ちょっと遅れて同じ60年代にいたシャングリラズってガールズグループもカバーしてて。
で全体的にはビビっと来ないカバー。だけどボーカルのメアリー・ワイスの声が僕はとても好きで。

彼女らはべティとメアリーっていう姉妹2人と、違う双子姉妹二人の4人グループなんだけど、べティの方がステージ怖くて出れず、大概は3人でこなしてたみたい。

アイズレーブラザーズやビートルズに比べると、あんま楽しめる余裕なさげでかわいらしいカバー。


ちあきなおみ / 星影の小径
http://www.youtube.com/watch?v=JeCNMRAu6TU&sns=em

すいません、誰のカバーだったかな‥
美空ひばりやフランク永井と、素晴らしい声の持ち主にカバーされた曲。
まあいいや、とにかくちあきなおみが好きで。

なんか長くなっていくからまた書こう。

いい夜を!


2015年03月21日

317
人の会話を見てると楽しい。
特に俳優と俳優が流れるようにアドリブ含めた会話を演じていると、とても快感。最近見た海外ドラマで思った。


詞を書いてた。

たまに、言葉を並べるって作業に薄汚さを感じる時がある。手紙や日記もそう。

本能の赴くまま歌ったり、ギター弾く時には我を忘れられるのに、言葉を探すとなると一度自分の頭を訪ねなきゃで、ああ、もどかしい。

自分の見て感じた、過去なり未来なり、生なり死を歌う行為って、ある側面じゃ品がないというか、卑しいというか、しっかり表現なんだけど、ビッチな作業でもあるよな。

でも言葉って、順序や正しさにお堅くこだわる必要ないし、捕まえられる時に捕まえて、ただ現在を詰め込んで、メロディー乗っけて歌えば楽しいもんだ。
その喜びに夢中になれる時もある。

自然なことと捉えられる時、そうでない時、それを行ったり来たりするけど、

他人の曲が見事な韻を踏んでいて、軽快なリズムに素晴らしい配置で言葉が活きていたりすると、自分でもそういう爽快なものを書きたくなる。

結局欲望に任せて並べちまえばいい。自分の求める美に抗うなんて無駄だし不自然だ。好きにやればいいね。うん。

はい、続きを書く。

じゃあお互い良い1日を



2015年03月17日

3/16
子どもの頃の一年と、今の一年はまるで違う。人は生きれば生きるほど、初めて出会う体験が減っていくから記憶が単調になっちゃうんだ。

10代の頃あんなに好きだった速い曲も、30代になれば、別に少しテンポが遅くても好きになる。それは心臓が急がなくてよくなるから。若い頃は血液の流れが速いからね。

幼心に描いた夢は大人になった今も綺麗なままだ。だから、ふと虚しさが訪れた時、あの青々とした懐かしい夢が恋しくなる。
ただ一方で、あんな稚拙な夢に今寄りかかっても、なんにも馬鹿なだけだと感じてる。

人は性の目覚めを体験し、恋をし、愛を分かち、情でふれあう。
子どもが出来れば、かつて自分が通った道をそこでまた見つめる事になる。
孫が出来たなら、今度は義務もない。ひたすら可愛いんだろうな。

時々、自分からは離れていった妖精の存在を、人は再び目にするために循環してるように思う。
それを生命の言い訳(あるいはエンジン)にしてるように感じたりする。

そういう全く逆らう必要のない、優しく可愛い流れを、バリバリ破りたくなることがある。分かる人もいるはずだよ。

よしああ新たな曲を書こう。違う散歩道を歩こう。知らない映画を見て新しいペンで絵を描き新しい絵を見よう。
8ビートが好きになるなら、32のドラムを新たに聴いてハマってみるんだ。実際好きになっているのだから素敵な気分だ。

どうせもっと時間が経てば、今を懐かしんでしまう時期が来るのだ。今でしかやれない最高なことを探していたい。そしてそうすべきだ。
ところで散歩に行ってきます




2015年03月16日

313
花粉で苦しくて、集中力がだめになってしまう
くしゃみして 顔掻いて くしゃみして ハアハア言っちまう

爪が今割れぎみなんだけど、このタイミングで爪切りがどっかに行っちゃって困った

怒りがわいてくる

寝てる間にかきむしらないようにしたいけど、爪切りどこ置いたんだっけ腹立つな

すまないこんな内容で
1日お疲れ様、もうすぐ週末だ
お休み


2015年03月13日

34
昨日はBYGでALだった

1日経ってわけもないのに虚無って参ってたとこに、「ライヴの後はそういうもんさ」というメールを見た

ああ、そういうもんだ、きっと

安本さんご馳走さまでした
ヒロくんサポートありがとう

飲み過ぎた
あと楽しかった


そうだ、昨日は15年ぶりに同級生と会ったんだ
あまり話せなかったけど、訪ねてくれてほんとありがとう

そうやね、お互い福岡のほんと近所同士、同じような景色を見たよな
元気そうで嬉しかった


34


2015年03月04日

32
俺もこれぐらい歌うまくなりたいな

http://www.youtube.com/watch?v=5q3P2xziA00&sns=em


今日の東京は雨が酷かった
まあ傘いらないぐらいだけど

3月だ
春が来るなあ
花粉が嫌だな


2015年03月01日

31
壮平は俺を笑わせる。
結構爆笑させてくれる。
なかなか腹がいたかった

最近は‥こないだ母の誕生日だったからメールをした。
なんと書いたらいいか分からないからとにかく簡潔にお祝いの言葉を。

母に神様がいてくれて、最近素晴らしいことだなとよく思う
その一方、ちょっと羨ましくもある

聖書は人に対して羨ましいと思う気持ちに否定的だけど


あとやっぱりテキーラが好きだ
陽気なお酒だからね


2015年03月01日

2015年03月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月