NAGASAWA TOMOYUKI BLOG
BLOG速報
7/25
リハーサルをしてました

外に出る前、探し物しててちょっとバタバタしたけどほんと暑い
ほんとに暑くなったなあと思います

では音源聞いて頭に入れます
ではではお休みなさい





2012年07月25日

無題
秩序に一番必要なものはなんだろう
死刑に必要なものはなんだ
民意に欠かせないものは何?

よく、現代の事を「個の時代」だと言うよね

そうだろうよ、一人一人が自分を見つめ直すにはいい時代さ

ただ自分は報道やネットで得たマニュアル通りに生きるんじゃなくて、自分の判断でニュースを見てるよ
偏りないように


歴史的には個もクソも人間扱いされてない人たちが大抵で、それこそ死ぬほどいたけれど

現代の日本もあんま変わらない、嫌いだ
偏見や猜疑心に満ちていて疲れるね
文化も俺には気持ち悪い、アニメにもよるけど自分は吐きそうだ
アニメ声って俺苦手だから笑っちゃう


「死にたい」なんて簡単に口にできるの奴らも嫌いだ
なにいってんの
真面目に馬鹿だろ

人間としても文化としてもクソワードなんだよ
「死にたい」なんて
そうですかなんだ

就活苦なんかで死を呼ぶな
そのための訓練じゃなかったのか学校は

恋愛や友情を漫画チックに感じてもらうために親が通わせたのか
社会に出ても大丈夫なように仕上げてくれるためだろ

思ったよ、学校行かずに自分のやりたいことをやれて良かったと

義務教育でも
とにかく社会は下支え、あとは自分次第

ムカつくことを言われたら凹むんじゃなくて、見返してやるよ倍返しでコノ野郎と思えなきゃ


風変わりな名前やファッションなんかで人生決まらない

自分を決めつけて誰かに頼るな
誰かの思惑の中

世界や宇宙は日本より広いし

自分に自負を持たなきゃ 恥ずかしさも自信も不安も展望も誰か任せ

ざまあみろって言いたいだろ
スカッとしようよ


俺は義務教育とやらに恨みがあるよ。大人になってより分かるよ。
あの頃の色んな先生と話させてもらいたいもんだ

大人になって一層分かるから、怒りも楽しい
のんびりも楽しい


2012年07月24日

7/21
たまに自分の紹介につくフレーズが笑える。ぼんやりしてて変だったり、意味わからなかったり。しかし身近な人が考えてくれたものだろうから笑えない。

こないだけっこう日焼けした
七分丈焼けしたよ、バカな感じするよな

背負うタイプのギターケース使ってるんだけど、あれでTシャツに七分丈焼けだと悩みとかなさげに見えて良さそう


月日はやいな、もう7月か
なんなんだよ早いな
頭追い付いてるだろうか


よっしゃギター弾く


2012年07月21日

7/19
あそこで演って、なんでこっちで演らない?だとか、ケチや愚痴をウジウジダラダラ垂れ流す奴らは老若男女自他関係なく情けない。
特に細かなことなんかに。


そんな人格とは少し距離を置きたいもんだ。俺にもないと言えないから、そんな自分に気付いた時はひどく恥ずかしい。

自分にできないことを他人にアドバイスできないように、厚かましさや謙遜じゃなく身の程をわきまえることができたらって思う。
改めて、老若男女自他関係なくね。

(書き足すよ。ここで言いたいのは、そんな何様な心にある人への中指話。欠点を粗探しするよりイイとこを探したほうが楽しいよってね。)



ところでケータイ電話をなくしてしまって。

このブログは、自分の生活に近い人も読んでいるのを知っているから、申し訳ないんすけど今の俺は連絡をもらえても誰が誰だか分かってません。
ごめんね。




2012年07月19日

7/18
釣りしてます。
釣れませんが綺麗な川です。


7/18


2012年07月18日

7/17
またあの夏がやってきた。
行き交う人たちも一様に顔をしかめてる。
どこもかしこも整備されたアスファルトだし、街のつくりも環境も、逃げ場がなく暑苦しい。

半分冗談でヨハネの黙示録を思い出してしまうよ。

世の終わりが来るその時、様々な思想を掲げた指導者が現れるって話だ。

今この国は転換期にあるかもしれない。
知恵の針たちが嘘の縫い目を笑い、不満に膨れ上がった風船を破裂させようとしている。

もしそうなった時は新しい空間が出来るから、そこに身を置こうと思いや願いが殺到するんだろう。
今まで絶えずあった人間らしいサイクルだ。

生きるために言うべきことを言うのはいい事だけど、死やその先を目の前にしても変わらずそうだろうか。生きるために。
いつだってどちらの覚悟も備えてなければいけない。

人間の力を過信しちゃいけない。そんなに賢くない過去ばかりだ。未来に求めすぎちゃいけない。

たとえ人類が成功でも失敗でも、別に理由もなにもなくても不思議なことなんてない。
目に見えるものだけを信じることこそ井の中の蛙。

僕らが身につける知識は100%を永遠にもらえないから、過信は命取りだ。

生きるために立ち上がるのはいい事だと思う。
でもそれが全てじゃいけない。いつか死ぬんだって分かってなきゃ。

今見える世界だけを信じるのは盲目だ。
答えはとどめずに、探し続けるほうが楽だ。


2012年07月17日

熊本
SEVENの弾き語りツアーはまた書くとして。

FMKの屋上から。

絶景かな絶景かな。


熊本


2012年07月15日

7/11
逃避行だったり、気合いだったり、快楽だったりしていい。

でも自分の作る音楽って筋肉見えるようなタフさはないなあと、たまに思う。

ダークなことじゃなくて、単純に心が頷く話。


手紙をもらったりしてると、中には、自分の知らない辛さだとかキツい現実を抱えてる人もいて。
そういう人から「音楽聴いてます」って言ってもらえると、ああマジでありがとうと思う。
少年の頃の自分に読ませてあげたい言葉だなと思う。

事情が在る無い関係なく音楽は受け取った人のものなんだけど、苦しい時に音楽聴くって体験は味わったことだからすごく共感するよ。


2012年07月11日

新潟2
新潟ありがとう。
色々とたのしかったし、

いい飲みだったよ


また会いに来るよ


新潟2


2012年07月11日

新潟
快晴だ。いいね。
さすがに暑くなってきたけど、ドシャブリよりは。


今日はnagasa oneman7新潟ライブ。

長岡まつり花火大会は8/2、3日に信濃川河川敷で行われます。

俺は関係ないんですが、花火見に行きたいなあと。

ライブハウス近くのセブン(イレブン)のチラシに思い馳せておりました。

ライブハウスの壁には殴ったあと&ドラゴンボールがつき物だね。


新潟


2012年07月10日

7/9
明日は新潟でnagasa onemanだ。
新潟では初めてだから嬉しい。

新幹線から見える景色に幾つか覚えている最高にツボな風景がある。

「ツボ」って言い方違うかな。僕が妄想する日本の美しさを体現できるような、琴線に触れる風景。

そこに住んでる人には何でもないのかな、誇りに感じているだろうか。

いちいちそんなこと考えないかな。


今度写真に撮ろう。


2012年07月09日

7/8
今日は「つばきフレンズ」で、つばきの曲を歌ってきたよ。

海北くん、小高くん、岩崎くんの声がハッキリ分かって、見事に違って、感慨深いものがあったよ。

俺も俺なりに歌ったよ。

つばきのみんな、相変わらず若くて、一色くんの調子とかTHE GIRLの話とか小川くんとすれ違った話とか。
楽しい現場をありがとう。

今日は天気がいいね。ありがてえ、ありがてえ。

こんな穏やかな写メだけど、イヤホンからはメタリカ。

いい日曜を。



コミュニケーションってただ同じ言語の会話だけじゃないよね。
音楽もそうだけど、詩でも、絵でも、勿論手話でも、字でも、心が通じ合えば会話できるもんだよ。
そこに要らない疑いだとか、不信感や難癖が入るから馬鹿みたいな気分にさせられるんだ。
お互いに恥や嫌気がさす。

信頼している人であればますます嫌気がさすもんだよ。
今更なんだよ。は?ってさ。


7/8


2012年07月08日

東京
昨日あの場にいてくれた人にありがとう。

楽しかったね。

追加公演で次は新潟、福岡だ。

今回のツアーだけじゃないから、都合悪かった人もいつかまた遊びましょう。


7/7だ。いい1日を。

俺はつばきの曲をちょっと練習中。


東京


2012年07月07日

7/6
起きて、せっせと準備してる。

今日会える人はよろしくね。




2012年07月06日

ファイナル
「この砂はみな水晶だ。中で小さな火が燃えている。」

誰かの小説をどなたかが声優してたな。

俺はいいんだ。
誰がどうあろうと俺は俺。虚しくも最強の事実だ。

明日ファイナルだからあまり腐ったこと書きたくなかったけど、手紙一つで違うものだね。

こっちもしがない人間だよ。大丈夫。
その形に自信はあるし、それ以上ないよ。

それ以上を見つけることのできる方は神様みたいなもんだって思う。

俺は一言だ。「自惚れるな」と。

部屋のコーナーにある溜まった塵と、銀河の煌めきも同じに思う。
正解でも間違いでもないように思う「不意」がずっと続く。

想像のつく大小や長短や善悪や次元の尺にかからない。

地球は条件の整った泡。宇宙中にある泡の一つ。
その流れの先なんか誰も知らない。

そう、ロマンチシズムに心奪われたんでもなく、逆にただ、ああね、だよね。
「宇宙ね、はいはいはい」と。

はいはいはい。バイバイバイと。

明日はファイナル。


また明日会える人はまたね。
ヒッピーの末路を信じてやまない猫背のヒッピー。




あと最後に、自分の憶測を信じこんじゃいけないよ。
ブログ編集できる立場だから書くけど。

音楽で関わってくださる人には特にね。

単純に「仲
良くしてくれ」と何度も言うけど。
何度も言わなきゃ伝わらない信頼関係ってどうかな。

難しいことはわかんないけど、変に考えてしまう前に、信じて大丈夫な未来を見つめたほうが素敵に生きれるさ。
国籍性別時空を超えて。

でも「綺麗な反抗」みたいなのを待つ瞳の青い汚らしさを忘れられない。

それはまさに小さなサークルで、性的な意味で、時間に追われて急かすような瞳だ。
その考え総てに全身の中指が勃起するよ。

皮肉を笑って、攻撃を嘲笑う、そいつらの信じるピカピカが悲しい。

在りもしないものによろめく時間、
惨め極まりない。
大嫌いな光だ。


2012年07月05日

7/5
今日はライブ前の休養日。

どこのホテルだか忘れたけど、とてもいい曲を書いて興奮した状態で打ち上げちゃってメロディーを忘れてしまい、詞だけがちょこんと残ってる。

たまにそれを見てはやめ、見てはやめ、思い出そうとしてる。

なんでいつも使うMDレコーダーを持って行かなかったんだ‥

考えなくてもツアーなんてギター弾きまくるわけだから、曲の浮かびやすい時期なのにバカをしたな。

まあいいや、いい教訓だ。


明日でとりあえず2012のアコースティックツアーは終わる。

いつもイイカンジな手紙くれてありがとう。

7月5日だ、早い。
それぞれいい1日を。





売れるためなら何でもやる奴の音楽なんて爽やか公開オナニーだ。
何でも分かったようなオーガズムでリズミカルに、朝から晩まで肌触りのいい絹にこすりつけながら。


7/5


2012年07月05日

名古屋
まず素敵な置き手紙があった。
男の人だ。いぜん手紙をいただいていた。

音楽をまっすぐに好きな人は嬉しい人だ。


名古屋ワンマン終了。
とてもありがとう。また会おうね。


ライブ終わって帰る時、お客さんからなぜだか拍手をもらってすげえ嬉し恥ずかしかった。

ギター抱えてる時と丸腰とじゃ、こんなにも受ける拍手へのビビり方が違うのか。
いい名古屋の夜を過ごしてもらえていたら何よりだよ。

その後、俺らは中華を食べた。あの中華おいしかったよ。

話題が名古屋の食文化から、ラーメンになって、マズいラーメンがあるという話になった。

ラーメンをソウルフードにされているディレクターのKさんが、興味をもたれてた。俺も不思議な話だなと。


でも現地雑誌者の方にいかにマズいか(でも行列ができるらしい)事細かに説明されてる内に、Kさんはあっさり「じゃあ食いたかねえよ」と。

でもリピーターも多いという。

俺や潤さんが「行くって言ったじゃないすかKさーん。」って話してたら、

「わーったよバアロー!行きゃいいんだろ?」ってなって、俺らはマズいラーメンは食いたくないから普通に帰った。

翌朝ロビーで待ち合わせ。

感想聞いたら「ほんとマズかった」とのこと。

なんで行列できんだろ‥

なにかを、入れてる?


2012年07月03日

7/3
音楽の歴史なんて僕にはどうでもいいものだ。
今がすべて。

音楽ファンとして大事にしたい時期もあるだろうけど、たとえば60年代を知らなかった自分がいる。でも凄く妄想に活用させてもらった。
でも90年代初期の音楽文化に興味を持てないのも正直な感想だ。洋楽も邦楽も。

当時のなに話されたって、自分が好きなそれを超えないから仕方ないわけだ。

とくに僕ら00年代世代には迷惑な話で、昔のフラワーばなしを聞いても今の何にも成らない。
僕らは僕らで今を築くんだ。
オッサン達の懐かし話に付き合う余裕はない。

人間関係の社交辞令とかその前に、自分のポリシーとして好きなものを持つとエネルギーになる。

ポリシーを先に言っちゃったけど、そんなもの後付けみたいなものだ。

好きなものを好きになるパワーがすべて。

特に生きるか死ぬかに近い手だてになる時もあったしね。
シラケられれば話せないし、シラケるような人間と話したくもないわけだ。

今を生きるみんな。昔はどうでもいい、今が一番だ。


2012年07月03日

7/2
昨日というか今日というか。

名古屋に来た。TOKUZOに先に軽く飲もうと思って連れてってもらって。
そしたらおとぎ話とあがたさんが対バンしてたみたいで有馬くんに話しかけたりした。


俺は明日が遅いから今日は夜更かしするんだ。

ホテルで曲ができてテンションが高い。曲ができると最高な気分だよ。
しかも不意に作れた曲だとなおのこと。

TOKUZOのライブを楽しみに、眠るとしようかな。


夜更かししてる。ギターさわってたけど飽きたから日記を更新してみる。

そうだ、7月いっぱいでモビトモ終わるから、もうあんたら俺の深夜メールに困らないでいいんだぜ~?笑

通知もない、心配すんなよな。

こっちが相も変わらずなだけだよ。
通知機能にイマイチ意味が分からなくて、よく同じ日記を更新したりして工夫してた。
日記なんて通知するもんじゃないしね。とか言ったら怒られるけど。

まあまあ。


まあまあ笑

明日も味わってないのに、今日こんな書いちまって7/3の日記は大丈夫だろうか。




7/2


2012年07月03日

香川
高松RUFF HOUSEありがとう。

ああいう空間は好きだよ。オオシバンともメールした。

ライブも楽しく過ごせたよ。いろんなおかげさまだ。


ところでアーティスト写真ってあるじゃん、アー写。

俺も色々アー写ってるけど、いつも自分に困る。
よくいうんだけどPVも出なくていいなら極力避けたい。

本当は全面的に出たくないんだ。苦笑

もちろんちゃんと話して、たくさんの必要理由を理解しつつね、なんとかかんとか‥出るんだよ。

出るとなるとユウウツだけど、それはどうにも仕方ないんだ。
愚痴でなくただの事実で、制作してくれる方々にも感謝というかとても尊敬があるんだよ(中には乗り気で抗ってやろうってPVもあった)。

「一緒に写真うつろうよ」って言われても写真苦手な人だっているじゃない。
その人に「いいからいいから」ってのはソフトな人権無視だけど、俺は一応納得してそこにいるんだよ。

あと、仕事だからとかいう言い方もあるけど、俺に仕事があるならそれは多分音楽を作ること。
間違ってなけりゃ助かる。

甘いと言われれば苦いことするために音楽やってるわけじゃないもの。苦味は経験すべきとこで思いしるさ。まずいかな。


猫背でさ、だいたい上着は黒ばっかなんだ。アー写だとちょっと不思議なカッコしてる自分がいるから苦笑いする。

普通でいいと思うんだ。めかしこむのもいいだろうけど。
今回のSEVENは経緯があってああなったけど、

結構ぶっ飛んだカッコしてる人いるじゃない。
実際ぶっ飛んだヤツで、全身で自分表現してて、生き方でアートしてんですってならそれは面白いよ。
でも、いつもの自分じゃないけどアー写だからこんなですってのは、アー写というか誰がなんのアーティストしてんのか分かんない。

笑えたり、遊び心あるほうが好きだ。だから自分もただの道楽人なんだけどな‥とよく思う。

まあなんせ出たくない人間が出なきゃな時はビールでも飲んで出た方が幾分かいいよ。
だからバベルのPVは酔っ払いにしか見えない人もいるかもだけどそれはそれで仕方ない。笑

で、誰かにケチつけたいんじゃないんだ。
ただ、変だなあって思う俺、逆のことをいう人、多角的に見れる正解が散らばってて、そういうのを目にしたら書きたいだけ。
特別誰に対してとかじゃなくって。
悪いとか、どうとかもないし。


ただこの日記のきっかけは、「もしこの人とコンビニですれ違った時ジャージ姿だったら萎えるな」って、雑誌見ながら思った事なんだよ。
だって街歩いててなかなかいないカッコだもん。

自己陶酔のアート、セールスのアート、アートなんて見る人間の妄想と自由だからなんとでも言える。

そして俺があれやこれやに不思議を感じるのも自由自由自由。

セールスのアートとか書いたけど、大切なこと。
その国の現在進行形の音楽文化の象徴だし、今売れているものはクールジャパンを代表する文化ってことだ。
クール?

不思議に思うのは自由自由自由。


2012年07月02日

6/30
6/30は福岡照和でライブだった。

ゆったりと楽しんだ。
来てくれた人ありがとう。


せっかく弾き語り一本だもの。楽しいほうがいいし、地元となると尚更だ。

色々変わってなくてよかったなあ。

ただいつも照和の前に貼ってある僕らの輝きのポスターはちょっと恥ずかしいものがある‥

また照和は近々、またその時に。

7/1
では今から高松へ。


2012年07月01日

2012年07月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月