NAGASAWA TOMOYUKI BLOG
BLOG速報
バランス
聖書のヨハネ20章というところで、こんなシーンがある。

刑に処せられ死んだイエス・キリストが復活し、弟子たちの前に現れる。それを見た弟子たちは、その場にいなかった弟子のトマスにイエスの復活を伝える。


弟子のトマスは「自分は十字架の傷痕を目にしなければ信じない」と言う。

そこでイエスはトマスの前に現れ、傷痕を見せる。

途端にトマスはひざまずいて「私の神よ」と感激する。


でもイエスは「私を見たから信じたのか?見ずに信じる人は幸いである」とトマスを戒めるっていうシーン。


これはかつて日曜礼拝で、とにかくよく聞いた句でもある。この句の教えは、要するに現実世界や流れに惑わされず、信じる人間こそが魂を救済されるというものだ。


正直言って本当にこれを実践できる人はクリスチャンの中にもそうそういない。

キリスト教を学ぶ人たちの多くは、この世に属さないよう生きる。そしてよくこう言う。「私たちの国籍は天にある。」


また、矛盾した人もいる。そう言いながらも民族のアイデンティティが先立っていたり、人を許すというキリスト的な教えから全く逆を行くような糾弾と攻撃に熱がこもる人であったり、神の祝福というものを教会の大きさと勘違いして財力を誇示したりと。


ただ、そこでそういう人たちに失望することで神様を諦めるのは、そもそも本末転倒で、そこで立ち返って、トマスにならず、人ではなく神を見ようと切り替える必要があるのがヨハネ20章の教えの本質でもあるように思う。


ここまでが聖書の考え方だとして、僕の今の考え方をこれから書く。


僕らは現実を生きている。

それは疑いの世界だ。なぜなら人は不完全だから、不完全な存在が集う社会も当然不完全で、そんな不完全な世界を鵜呑みにできるわけないからだ。

だから防衛本能的に疑い、結果を信じる。


その反対は信じる世界だ。

でもそんなのはほとんど天国のようなものだ。人の力ではありえない。


時々そんな世界に疲れて、事実ではなく、この世から離れた真実を欲する人もいる。そこで何らかの絶対的価値を探そうとしたりする。


そんな信仰と疑いを行ったり来たりする。

だから今のところ妥協として必要なのはバランスだと思う。


どちらかに全体重を乗っけるべきではない、とも思わない。

時には全体重を乗っけてもいい。


海に乗っかる船のように、その時々に合わせて帆をあげたりたたんだり、舵をきったりする感じでいいと思う。

いつかは信じる世界に身を投じたいけど、まだまだ到底無理だ。





2021年01月25日

2021年01月
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
2021年02月
2021年01月
2020年11月
2020年09月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月