NAGASAWA TOMOYUKI BLOG
BLOG速報
ソウルセラー
東京は晴れが続いてる
でも自分は少し目がかゆいぐらいで、あまりまだやられてません
周りは結構来てるけど、なぜだろう

ソウルセラーのことで、たくさんの言葉を頂きます
ありがとう
ただ感謝です
みんな最高

なんというか、インタビューなどで久しぶりに会う馴染みの方たちの話も、なんだかとっても嬉しいものばかりで幸せな取材が多かった
不思議な気持ちでもあります
明日は大阪で、こちらも久しぶりに会える人たちがいて楽しみです





ソウルセラー


2019年03月13日

8年
3月11日になりましたね
あれからまた九州も関西も各所大きな災害があって、これからも予測されている災害があるよね
日々に追われてしまっても、この当たり前の奇跡的な価値に改めて気付く日でもあるよ


8年


2019年03月11日

自虐という自衛
日本人にはあまりNOが無い
問題を避けてなるべく頷いていこうとする
健気な面でもある

でも自分のことになると、褒められても今度は頭頷かなくなる
「ありがとうございます」じゃなく「すみません」だったり「はい」じゃなく「いえいえ」になったりする

謙遜は素敵だけどその中には静かな誇りがあるものだ
謙遜から誇りを抜き取ったら、それはシンプルに自虐だ

日本はもう結構長いこと、謙遜より自虐が増えてる
自虐的だけど、誰も自分をいじめてほしいとは思ってない
むしろ自虐は問題の事前回避で、弱さを先に宣言することで負うべきものを少なくしてる術になっている
ただ…そんな術を身に付けないといけない社会なんて全然嬉しくないなと思う

だって聞いてもいないのにみんな自分は全然ですっていう

別にただただ自虐はダメとか言いたいんじゃない
確かに場を面白くできたり、可愛いらしく見えたりすることもあるから
そうせざるを得なくさせてるイジメな空気の方を憎む

でも中には陰湿で攻撃的な自虐がある
自虐しながら、そうしない人へ遠回しに攻撃してるような臆病者の自虐
それを全体意見にして、そうしない人をとっちめるような

優越的でいながら劣等感があり
同族愛がありながら同族嫌悪も持つ
自分を他人にあてはめてでしか考えられないような、のび太なジャイアン精神

そういう精神性もそうだし、僕は日本の出る杭を打ちたがるような感じもほんと嫌いだ

だからみんな「調子こかないように」過ごそうとする
でも大人になると自分の意見が大事になっていく
自己アピールが必要になる
面接、プレゼン、外と対峙する力が必要になる
ところがそれを養わせようとしない社会の変な空気がある

今ますますよく聞くようになったけど、僕の年齢や、僕以上の年齢に、ひきこもりでいる人がたくさんいる
彼らの存在そのものに笑えてくる低脳もいるんだろうが、そいつらはほんと相手にしちゃいけない
個人的に僕はその自分を閉ざして生きてる人たちの苦しみがわかる
彼らが恐れているのは社会の嘲笑的な空気だ

嘲笑に恐れる自分の弱さも勿論いけない
でもやはり僕はその嘲笑的な空気を扇動したがるバカの方を嫌悪する
結局その空気ってのは若い意見の芽を摘むし、社会的弱者をオーバーキルするだけの殺人だし、いいことが1つもない幸の薄い空気だから

本当のところ誰も自分を惨めに見せたいとは思っていない
なのに日本には自虐が染み込んでる

伸びやかに笑えて、はしゃげて、楽しく意見交換できたほうが、絶対に軽やかだ

誰がこのイジメみたいな空気を扇動してるんだろうか
僕らは一員にならないでいよう




2019年03月03日

空待ち(歌詞)
空待ち


「だからなに?」ってしらけてしまわずに
脇にそれず真ん中を歩こう
人は時として報われない恋に身を捧げるもの
それは愚なんかじゃない
僕は恋をしよう 夢中になっていよう
今日もまた雨の中 青空を待つこと

地獄があるならこの町のことだな
天国があるなら それはここを忘れられる時
心の中に宇宙への入り口
子供になって扉を開けてみよう

僕は恋をしよう 夢中になっていよう
今日もまた雨の中 青空を待つこと
君を誘ってみよう 夢中になってみよう
今はまだ雨の中 青空を待つこと
青空を待つこと






空待ち(歌詞)


2019年03月01日

2019年03月
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月